沢山ある中から選ぶ|節税対策や入院をサポートする生命保険の活用

生活に負担をかけない保険の選び方

1年に1度の見直し

1年に一回は保険相談で見直しをしましょう。

保険という名前を聞いただけで、毛嫌いする人が多いかもしれません。しかしながら、生涯かかるお金としてかけ込み保険料というものは非常に大きなウエイトを占めているのです。知らないと知っているでは大違いであることをまず理解しましょう。そして、わかったつもりでも日々保険商品も変化していることも勉強する上で、1年に一回は、保険相談をするなり、自分で自分の保険がどういう補償内容なのかを確認することが重要です。数年前に色々調べて完璧な保険を契約したとしても、現在合っているかどうかは別問題なのです。就職しているか、結婚しているか、子供がいるか、子供が成人した等々、ライフイベントと呼ばれるものは人それぞれ異なります。それを考えると、保険というものも生き物みたいなものなのです。保険相談する上では、自分が入っている保険会社に話をするのも良いですが、どこの保険会社にも属していないFPに相談することがより客観的に自分の保険内容を把握できると思います。

専門分野ではあるが、保険の知識を増やすことも怠らない

専門性が高い分野である保険相談。どうしても相談員のいわれるがままの補償内容で契約をしてしまったという人も多いはずです。細かい補償内容やサービスまで把握しておく必要はありませんが、最低でも自分の保険が現在の収入の何パーセントぐらいの割合で払い込み負担しているのか。満期までかけ込みしたらいくら支払うことになるのか。解約した場合は返戻金はあるのか。このあたりは把握しておく必要があります。 無料で保険相談が出来るサービスは年々増え続けています。保険の営業担当の人だと押し切られてしまうという不安がある人は、無料で保険相談が出来るところですと楽に話が出来るかもしれません。そして1回では契約はしないようにすべきです。その時良いと思って契約してもかけ込みが続けられない保険を契約したのでは何の意味もありません。収支のバランスと、最低必要な補償金額を無理ない範囲でFPへ伝えながら丁寧に契約していくことが本当の安心を得られると思います。