沢山ある中から選ぶ|節税対策や入院をサポートする生命保険の活用

生活に負担をかけない保険の選び方

保険と節税

対策の具体例とその手法

法人による税金対策には色々と手法はありますが、個人の場合は住宅ローン控除や生命、地震保険等が主な節税対策と言えます。この保険加入による節税対策は30年程前から行われてきています。 個人の節税対策としては生命保険加入による場合が多く、掛け捨ての商品や積み立て方式を採用している商品等、様々なものがあります。会社勤めであれば加入の申し込みのみで、後は会社が年末に控除額を計算してくれるので手間はかかりません。 また、保険の中には積み立て式の学資保険もあり、若い子供のいる世代の節税対策として人気です。節税対策のために保険に無理に加入するのではなく、必然的に入る保険を上手く節税対策として利用する事が重要です。

保険加入のメリット、デメリット

生命保険加入による節税対策は現代ではごく一般的なものとなっており、多くの方がこれを利用しています。今後は更に多種多様な商品が市場に出てくる事が予測され、それらをうまく選択し、利用する方も増加していくでしょう。 一方で、この生命保険加入にはメリットとデメリットが存在します。メリットは個人における税金の節税対策としてはかなり効果的で加入の手間も少ないということと、デメリットとしては、満期時の払い戻し金に対する課税発生と、途中解約した場合の元本割れ等があげられます。 元本割れをした場合は節税としての本来の意味すらなくなってしまう可能性があります。 このように節税対策を行う時は安易に加入するのではなく、本当に必要だと感じる時に必要なものに加入する事をお勧めします。