節税対策や入院をサポートする生命保険の活用

生活に負担をかけない保険の選び方

加入する前に相談

保険に加入しようと考えている方は多いですが、非常に豊富な数が存在する保険サービスの中から自分好みの物を選び出すことは簡単ではありません。そのため、加入する前にまず保険相談を行うことをおすすめします。

保険選びで損しない

保険会社の違いとは

保険会社は生命保険から損害保険まで複数の会社が存在します。存在する会社があるほど、保険商品もその数以上の商品があるのです。その沢山あるなかから保険を選ぶのも大変なことなのです。各会社によって商品に特徴があります。例えば、生活習慣病の保障を手厚くしているのもあれば、女性特有の病気を保障するもの、すでにガンや糖尿病、高血圧になってしまっている人のための緩和型などがあります。会社によって、病歴の引受の目安の基準が異なっていて、現在病気で通院していてA会社では保険加入できなかったが、B会社で検討したら条件付きで審査が通ることもあります。保険会社全てが同じと思わず、色々比較検討することも大切です。

特殊な保険の活用方法

保険といえば、個人が加入するものだと思っている人もいますが、実は個人経営している人や企業も生命保険を活用して、退職金や節税対策として利用している会社は沢山あります。企業は主に決算期に合わせて加入するところが多くあります。決算期に考える会社は、利益がプラスになっていることが多く、保険に加入することでその利益を減らし法人税を軽減することができるのです。また、現金を持っている資産家であれば相続人に相続税の負担がかからないよう保険を活用するのです。これら両者は法律でも認められている節税対策なので、該当するかもしれないという人がいれば保険相談を専門にしている業者に相談することもできます。

保険と節税

この国で生活している以上、税金を納めるのは国民の義務とも言えます。しかし、あまりに増えすぎた税金は生活が困難になるほどの影響をおよぼすことがあります。そこで重要なのが保険を用いた節税です。

1年に1度の見直し

保険は、その時々の契約者の状態や保険サービスの有無で適切なものが大きく異なります。保険サービスに関して損をしないためには、1年に1度保険相談を行い見直すことが大切です。